FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栄光の影

「光には影が出来る」
消えてしまう「影」に息を吹き込み
もう1度「光」を取り戻す。

今回紹介する「栄光の影」は
JR北海道苗穂工場の中にあるD51 237号機です。
昭和13年ごろ国内で急増する貨物に対応する為に
国内の主要な鉄道工場で製作する事になりました。
国鉄苗穂工場では工期2ヶ月でD51 237号機が完成します。
岩見沢機関区、長万部機関区など道内の機関区を廻り
昭和49年に小樽築港機関区で廃車となりました。

光を失い影となって行く運命を辿ります

昭和53年10月に転機が訪れます。
当時の国鉄苗穂工場の優れていた技術を後世に伝える為、国鉄苗穂工場70周年を記念し
国鉄苗穂工場の工員すべて手により光を浴びることが出来たのです。



いかがだったでしょうか?
栄光の光を浴びながら
誰の目にも留まらず
影となって行く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クマ太郎カレチ

Author:クマ太郎カレチ
ご乗車ありがとうございます。

札幌駅で見た
24系客車の編成美を見て
鉄道の世界に入りました。

北海道が作りだす
景色にあこがれて
自由気ままに道内を
走ってます。

画像の無断転用、コピーなどの行為は
絶対おやめ下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。