FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キハ40系


毎日ブログ更新を目標にしている
クマです。
公私共々多忙であまり更新できてません・・・・・


今回はずっと更新してませんでした列車図鑑を更新します!!!
今回は北の覇者キハ40系気動車です!!

発経緯

キハ22系、キハ12系、キハ16、17系気動車の老朽化
長らく同系列で使っていたエンジンが加速力が弱く勾配にも弱い気動車の弱く欠点を
克服すべく大出力エンジンの気動車を開発された。
エンジンのパワーアップをした分重量増した為旧型気動車と変わらなくなってしまった。
北海道に配置されたのは寒冷地装備を施されたキハ40系100番台、キハ48系300、1300番台が配備された。

R民営化後
JR北海道に継承されたのは144両がそのまま継承された。
道内に配置されたキハ40系はすべてワンマン化改造を施し700番台になった。
一部のキハ40系、キハ48系は宗谷線の急行化に伴い
キハ400系に改造されたが特急化になるとキハ40系キハ48系改造された。
国鉄からの悩みの種であった車輌の重量は以前改善されず
落ち葉で空転や冬の勾配では今でも登れずキハ150系に託している
 道内を走るキハ40系は様々なバリエーションが派生した。
一部のキハ40系はエンジン等を換装したのは
札沼線はキハ40系300番台400番台
日高線は沿岸を走る関係でエンジンの換装、車体と駆動部分に塩害対策を施した
キハ350番台が誕生した。
ここ最近ではキハ40系の延命化を施した1700番台になった。
2012年10月ダイヤ改正で札沼線で活躍していたキハ40系、キハ141系はすべて引退した。




倶知安駅では後ろに連結して2両で運転する、


ニセコ~昆布


苫小牧駅


倶知安~小沢


札幌駅


ニセコ駅


旧旭川駅

新製され約30年が過ぎたキハ40系だが今でも全道各地で活躍を続けている。
老朽化が進み新型気動車に主役の座を渡し続けているが
今日も力強く北の大地を走る。
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

クマ太郎カレチ

Author:クマ太郎カレチ
ご乗車ありがとうございます。

札幌駅で見た
24系客車の編成美を見て
鉄道の世界に入りました。

北海道が作りだす
景色にあこがれて
自由気ままに道内を
走ってます。

画像の無断転用、コピーなどの行為は
絶対おやめ下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。