スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

721系

こんにちは^^

北海道の列車を
道外の人アピール
出来てない思い
勝手JR北海道列車図鑑
作る事にしました。

誤字脱字がありましたら
深くお詫び申し上げます。

まず、最初に紹介するのは
北の通勤列車のエース721系を紹介します。

721系開発経緯
幌近郊においては輸送需要の増加が著しく、
新駅の設置や列車増発などの対応が図られてきた。
札幌郊外は複線ではあるが待避設備をもつ駅が少ないのと
特急列車から回送列車まで多様な種別の列車が同一の線路を往来することから、
列車運転頻度を向上するためには加速・減速性能に優れた車両が必要であった。
また、バス・自家用自動車など競合交通機関の存在も無視できず
高品質の旅客サービス提供も課題とされた。
従来から使用してきた711系や50系客車はこの条件に対応しきれず
新しい列車が必要とされた。
内外装の仕様を一新した新形式として開発された車両が721系である。
1988年11月3日に営業運転を開始した。
当初はサイリスタ位相制御を用いた3両編成を基本とし、
札幌駅を中心とする近郊区間で使用された。
1992年には空港アクセス輸送(「新千歳空港駅乗り入れ)に対応する6両固定編成が製作され、
翌1993年からはVVVF インバータ制御を採用するなど仕様の変更を重ね、2003年まで製作された。

721系の製作年次・形式別解説

1-4次車
1988ー1992年製作
←小樽・札幌  滝川・苫小牧・小樽・新千歳空港→
クモハ+モハ+クハ
特徴
3両編成
120㌔対応
2002年に130㌔対応に改造され3000番台を名乗る事に

5次車
新千歳空港アクセスに
1992年に6編成で新たに
サハとモハが新製された。
2002年に130㌔対応に改造された。

6・7次車
モハ721系(1001-1009)
クハ721系(1001-1009、2001-2009)
←小樽・札幌 苫小牧・滝川・新千歳空港→
クハ+モハ+クハ
が新製された。

8次車
モハ721形(5001, 5101 - 5103, 5201 - 5203)
サハ721形(4101 - 4104, 4201 - 4204, 5101 - 5103, 5201 - 5203)
快速エアポートの編成変更の為に2003年に新製された。
731系と共通している事がたくさんある。

721系写真

721系その35_convert_20110311195208
721系3000番台 苗穂ポイント
721系その33_convert_20110222170948
721系3000番台 苗穂ポイント
721系その31_convert_20110216214024
721系4000番台 発寒駅
721系その32_convert_20110216193037
721系1000番台 苗穂ポイント

721系3000番台 苫小牧駅
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

コメントの投稿

非公開コメント

こんばんは。

この車両を見ると、北海道に着いた実感が湧いてきます。
在来線の魅力と実力を実感できる北海道にも、いよいよ新幹線が伸びてこようとしています。
721系をはじめとして、魅力的な列車が多数走る北の大地の鉄道が末長く活躍し続けることを切に願っています。
今後とも、宜しくお願い致します。
プロフィール

クマ太郎カレチ

Author:クマ太郎カレチ
ご乗車ありがとうございます。

札幌駅で見た
24系客車の編成美を見て
鉄道の世界に入りました。

北海道が作りだす
景色にあこがれて
自由気ままに道内を
走ってます。

画像の無断転用、コピーなどの行為は
絶対おやめ下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。