スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

変わらぬ日々

いつもと
     変わらぬ朝
            がやってきた

いつもと
    変わらない顔が
              同じ時間に駅に到着する。

いつもと
     変わらないホームに
                 青い客車が到着する。           

昔はたくさんあったブルートレインも利用客の減少・機関車・客車の老朽化で廃止の一歩を辿っている。

午後9時50分ごろ
青い機関車が青い客車をつれて手稲にある札幌運転所からやってくる。
全盛期には「まりも」「大雪」「天北」「利尻」「宗谷」「ニセコ」などがあったが
利用客の減少、客車の老朽化で北の大地から消え去った。
この「はまなす」もいつまで走る事ができるのか
青い客車に問い合わせても答えてはくれない。


函館方面の最終列車の意味合いもこめているのでで年始末や週末は自由席の利用が多い。



はまなすは単機での引率だが重連の札が刺さっている。
函館運輸所に所属しているDD51は以前、岩見沢機関区に所属していた。
機関区の縮小、運転所化で
彼らの多くの仲間は時代の波についていけず廃車に・・・・・
一部はミャンマーなどで第2の人生を送っている。



14系客車の方向幕 昔はたくさんあったが今は指を数えるだけになった。





4号車に連結される「のびのびカーペット」指定席券だけで横になれるだけあって人気の高い車輌だ



一般車輌のオハ14 515 座席は他の廃車になった列車から流用をしている。
オハのオは車輌の重さを示しハは一般車を指す。


午後10時ちょうど
急行「はまなす」は
定時で青森へと静かに走り始めた。

昔は日中に快速「海峡」の運用もあったが「海峡」が廃止になった後は
青森車輌センターでひっそりと体を休めている。

平成25年北海道新幹線函館乗り入れ開始
そこまでして本当に新幹線は必要なのか?

いつまで走るのか?と

青い客車に問いかけても
答えは帰って来ない・・・・・
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

クマ太郎カレチ

Author:クマ太郎カレチ
ご乗車ありがとうございます。

札幌駅で見た
24系客車の編成美を見て
鉄道の世界に入りました。

北海道が作りだす
景色にあこがれて
自由気ままに道内を
走ってます。

画像の無断転用、コピーなどの行為は
絶対おやめ下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。