スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大人の笑顔のために・・・・・

スコットランドの気候が似ている北海道 余市の土地で ウィスキーを造ったなら美味しいウィスキーが出来るはずだ!

ニッカウィスキー創設者竹鶴政孝(たけつる まさたか)は言いました。 

余市の気候が非常にスコットランドと似ている。
夏は涼しく 冬には雪が降る
そして、朝晩の気温の差がウィスキーを美味しくさせる。

こうして、余市に蒸留所が作られます。

ちなみに、竹鶴政孝は広島県出身です。

なんで、お酒に弱いまだお酒が飲めないクマ太郎が知っているかって?


それは、北海道余市町にニッカウィスキー余市蒸留所に行って来たからです^^

あそこは、なんと!入場料タダ

お金がないクマ太郎にとっては嬉しい所!



いまだに使っている場所でもあります^^

その歴史は古く戦前までさかのぼります。
竹下政孝はスコットランドの気候が北海道余市町が一番似ているために
蒸留所の建設を決めます。
ウィスキーが出来るには長い年月がかかる為、一番最初に販売していたのは
なんと、余市の特産のリンゴを使ったリンゴジュースでした。
でも、高級品だったためにあまり売れませんでした。・・・
いつの時代も高いと売れないですね・・・
ちなみに、ニッカのリンゴジュースが日本で一番最初に販売されたと記録があります。
現在はウィスキーのみ販売となりリンゴジュースは販売はしておりません。

竹鶴さんが最初に働いていたのはなんとサントリーでしたw
ウィスキー作りがしたくて退社し単身スコットランドに留学をしました
ここで、妻になるジェシー・ロバータ・カウン(通称リタ)と出会い
2人は親密な関係になります。1920年1月8日に結婚をしますがリタの方の家族が猛反対しますが
2人はもう戻れぬ関係に・・・・
反対を押し切って結婚をします。

時は戦争へと進みます。国民だった竹下も赤紙が来て収集されますが
履歴書を見た検査官は「アルコールの技術は爆薬に使える」との理由で
竹下の採用は見送りました。

統制が進み、イギリス産のウィスキーが手に入らなくなると
ニッカのウィスキーが見事に売れって行きます。
国内最大の消費者が帝国海軍だった為に
優先的に物資が当てられて事業の継続することができます。

1954年(昭和29年)に全株式をアサヒに売却し完全子会社になります。
当時のニッカウィスキーは高価であまり売れませんでした;Д;
ですが、洋酒ブームが来ました!
トリスウィスキーや他社もウィスキーを発売します。
なんと、ウィスキー戦争が勃発し日
本のウィスキー消費量がグンッとアップします。

勝負はニッカウィスキーに白旗が揚がり
ニッカウィスキーの知名度が上がり
飛ぶように売れていきます。

以下省略

そして現在に至ります。

それでは、余市蒸留所に潜入!



昔は現役で使っていた樽

次にあるのが・・・・・・・・



はまなす?

急行・・・・はまなす???

あ、急行はなますだ!

うん、関係ないので
はい、次!



現在も石炭で頑張ってます!



これに使っていた物ですが・・・
あれ、名前なんだっけ?
気にしないで行こう!



この樽の中にはたくさんのウィスキーが入っています^^
売ればウン万円ですね¥・Д・¥

ちょっとあるけばおしゃれな原酒が飲めます。
ただし、お金が必要です・・・・



うーんやっぱ正規品は高い;;

ニッカが作った、ウィスキーの入れ物

2頭のヒグマがシャケを巡って喧嘩をしています。

うーん、やっぱ北海道は木彫りのクマなんですねw


クマが見つめる先には・・・・・・


お蕎麦屋 いろは です。

店内は
おしゃれです。




うーん、やっぱりおしゃれな人はおしゃれなお店が似合う!!
でも、よくよく考えたら、クマさんはなんと蕎麦嫌いでした;Д;

でも、ここのお蕎麦は美味しい^^
メニューも豊富です^Д^




選んだのはかきあげ蕎麦牛丼

10代はいっぱい食べる!



そば嫌いのクマ太郎もあっと言う間に・・・完食


南小樽駅の近くにありますので
近くによったら行ってみてください!
後悔はしないと思います^^

話を戻して、

竹鶴とリタが住んでいた住居も復元されています。



ブレブレな机w



なんで、北海道と言ったら熊なんですかねw



見つめる先には・・・・



やっぱり鮭w

そんなこんで
見学コースが見終わった頃にはウィスキーの匂いで千鳥足・・・・

ばいばーい¥・Д・¥
スポンサーサイト

テーマ : 鉄道写真
ジャンル : 写真

プロフィール

クマ太郎カレチ

Author:クマ太郎カレチ
ご乗車ありがとうございます。

札幌駅で見た
24系客車の編成美を見て
鉄道の世界に入りました。

北海道が作りだす
景色にあこがれて
自由気ままに道内を
走ってます。

画像の無断転用、コピーなどの行為は
絶対おやめ下さい。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。